私は不眠症で悩んでいた者なんですが、
睡眠薬の通販に出会ってから生活が、

大きく言えば人生が変わったといっても過言ではないというくらい助かっています。

 

寝つきが悪いくせに、ほぼ休み無しで1日中仕事をしていた私にとって、

睡眠薬を通販で買える事がどれだけ助かったかという話です。

それをこれからブログにアップしていこうと思います。
まず睡眠薬ってみなさんはどういうイメージで見てらっしゃいますでしょうか?

そんなに良いイメージじゃないですよね?

やはり大量に飲む、自殺のイメージが強いものになりますよね、犯罪的な臭いもしますし。
睡眠薬の服用者以外はとても怖いイメージが植え付けられてる方もいるかもしれません。

睡眠薬が販売され始めたのが、1904年です。

バルビツール酸系睡眠薬の副作用というのがあり、浸透してしまった事によると考えられています。
強い睡眠効果、強い副作用があったため、現在ではこれは麻酔などで使われるだけになってしまいました。

睡眠薬とは脳の活動を抑制する事で、即効性があり、レム睡眠を強く抑える事から夢を見ず起床する事ができたので、悪夢、不眠による不安感に効果的だとされていました。

しかし副作用も強いものになり、翌朝以降にもふらつきやその眠気が残ってしまったりするため、仕事などに影響があり、運転や機械の操作に危険性が高いと考えられていました。

そしてその依存性も高いもので、過度の摂取により呼吸抑制に至り死亡してしまうという事例もあったため、やはり現在でも怖い、という印象が拭えないのはいたしかたない現状です。

 

■睡眠薬はまだ危険なの?

前述のバルビツール酸系睡眠薬に関してはその危険性から処方されなくなり、1960年からはベンゾジアゼピン系睡眠薬が発売され、
その安全性、依存性の少なさ、効果、に関して進化を遂げ続けているのです。

薬とは体内に変化をもらたし治療、改善をしていくものなので、年々研究は続けられ、進化を続けているので、
現代の睡眠薬に関してはイメージとは違って、危険ではなくなりました。

人間にとって絶対に必要な睡眠です。
現代のストレス社会においては睡眠障害は珍しくないです。

そういった障害の改善には欠かせない現代の睡眠薬に関してはしっかりと知識を持って服用していけば、豊かな生活が送っていけると思います。

そしてその必要性から使用頻度も多くなりがちな睡眠薬ですが、
病院で処方してもらうのがおっくうだったり、費用もバカにならない事から、
現在では個人輸入代行という通販サイトで購入できる時代になり、より身近になってきました。

さらにジェネリック医薬品という特許が切れた睡眠薬と同じ成分の医薬品が非常に安い価格で購入もできますので、
もっともっと身近で手軽に使用でき、その安全性、その効果を得る事ができるという時代になっています。

そういった睡眠薬通販が人気の現状をブログでアップしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です